<   2006年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧
本と作家
成田で買ったスアド著『生きながら火に焼かれて』を飛行機の中で読み終えてしまった。
12時間近くかかるフライトだから、映画を観ても時間をもてあましてしまう。
ヨルダンなど一部の国の地方都市では、まだ「名誉の殺人」というものが存在している。
本の帯の「衝撃のノンフィクション!」などという煽り文句にはうんざりするが、こういった事実はもっともっと知られるべきだと思う。

ジュンパ・ラヒり『停電の夜に』はなかなか面白い短編集だった。

友人から米原万里の訃報を聞く。
好きな作家だっただけにショックだ。
まだ56歳。うんと長生きして、もっともっと書いてほしかった。
かわいがっていたネコたちは誰かにちゃんと引き取られたのだろうか。

E.M.FOrster "A Room with a View"は一度に数ページ読んでは寝てしまうので、遅々として進まない。でも読み終わってしまうと出張中の読み物に困るのでちょうどいいかも。

ブログに書きたいことはたくさんあるし、写真もたくさんあるのだけれど、時間がない。
出張に出ると夜または早朝に東京の仕事をして、昼間はこちらの仕事をするので寝不足だ。
今日はフランスでミーティングのあと移動して、現在、スイス。明日は客先とのミーティング、夕方ドイツに移動。
[PR]
by bramble | 2006-05-30 10:00 | 読む
出張3日目 (Sirmione, Italy)
代理店会議本番。
集まったのは欧州9ヶ国とゲストとしてアフリカ某国と中近東の某国。

d0065545_951580.jpg

会議そのものは成功、雨という予報が出ていたにも関わらず、普段の行いが良かったのかどうか、屋外デモの最中は降らないでくれていた。

仕事はさておき、いろんな国の人が集まるというのはなかなか面白い。
こうした場では普段仕事の打ち合わせだけでは知ることのできない一面を知ったりできるし、私のお客さんは総じて皆いい人たちなので一緒にすごしていて楽しい。

飽食。
[PR]
by bramble | 2006-05-29 09:03 | 旅する
出張2日目 (Sirmione, Italy)
会場のセットアップは思ったより早くできたので、街中をちょっと散歩し、おいしいパスタでお昼にした。

d0065545_6412453.jpg

Sirmioneはお城で有名。お城といっても要塞なのでそっけないんですが。

d0065545_6442195.jpg

町並み。ほんとに小さな町です。ぶらぶら歩くにはちょうどいいサイズ。

d0065545_645489.jpg

Garda湖はイタリア最大の湖。そばに行くと湖なのになぜか磯臭いのが不思議。

d0065545_6455886.jpg

到着してからず~~~っと私の煩悩のモトだったのはこれ。

d0065545_6462760.jpg
これでもかっ!といわんばかりにてんこ盛りにされているジェラートの数々。
これにそそられちゃうんですよね、食欲を。

d0065545_6471872.jpg

まるでどんぶり1杯分といった量のジェラート。下はチョコレート風味のビスコッティ、上は漬け込んださくらんぼ。どちらも甘すぎず、ジェラートそのものもさっぱりと口のなかに残らず、最高の味でした。多いと思いつつしっかり完食。
おいしかった。
また食べたい。

そして、夜。
[PR]
by bramble | 2006-05-29 07:05 | 旅する
存在証明
やっぱり仕事が本格的に始まると、忙しい。
ということで生きてますが時間がありません。

現在ドイツのStuttgart郊外、これからフランスに向かって出発です。
また時間があったらイタリアとドイツの報告をアップします。
気長に待ってやってくださいませ。
d0065545_1652549.jpg

Stuttgartは雨でした。(金曜日)

d0065545_16533211.jpg

ワールドカップの開催地のため、どこに行ってもサッカー。
デパートのウィンドウもやっぱりサッカー。
[PR]
by bramble | 2006-05-27 16:54 | 日常のひとこま
Hotel Continental Sirmione
Buon giorno tutti!

10時から会場のセットアップに入るのだけれど、まだ時間があるので、出張2日目のレポートをちょっと。
仕事のメールも片付けちゃったし。
出張に出てもメールが使えるとなると、日本での仕事とこっちでの仕事と、ダブルでせざるを得ないのでした。

d0065545_1623167.jpg

ホテルはGarda湖のほとり。
朝食は湖を見渡すテラスで。
まったくこんなところで仕事するなんてもったいない!です。(笑)

ホテルのテラスにはスズメがいっぱい。
みんなパンくずを投げたりするらしく、人をぜんぜん怖がらずに
かなりそばまで寄ってきます。
ずうずうしくも人が食事をしているテーブルにまで!
(ちょっと席をはずすとお皿に乗っているパンやらチーズまで
「襲撃」されちゃうのでナプキンをかぶせておかなくてはならないほど。)

とりあえず日が照ってますが、今日・明日ともにわか雨が降りそうです。
日が出ていると28度はあるというくらい暑いのですが。
明日の屋外デモの最中に降りませんように。

今日は準備と、客の出迎えと、welcome dinner。
明日は会議本番。
が、頑張るぞ~
[PR]
by bramble | 2006-05-22 16:27 | 旅する
出張第1日目
Buon giorno!
...というよりはBuona sera!という時間です。
ただいまイタリアは日曜日の23:30。
どうかなと心配したけれど、ありがたいことに3日泊まるこのホテル、
ダイアルアップながらネットにつなげられる。

徹夜のおかげで飛行機の中ではよく寝ることができました。
JALだというので空港第2ターミナルに行ったらば、ミラノ行きのこの便に限ってはアリタリアとの共同運航でアリタリア機材だったので第1ターミナルだったという洒落にならないミスから始まった今回の出張。
(実はその前に、成田エクスプレスを待つホームでちょっとコケた。あああ)
なんだかのっけからサバイバル旅行の様子を呈しているようで。(笑)

私を含め日本人5人を乗せた車はMilanoからSirmioneという観光地へ。
ヨーロッパの高速道路や幹線道路は割りとわかりやすいけれど暗くなってくるとやはり心配だし、高速を降りると土地勘が無いと難しい。
それでもやっと辿り着いたSirmioneはGarda湖のほとりの保養地。

d0065545_6375445.jpg

こじんまりしたホテルやレストランの立ち並ぶう感じの良い通りに沿って
延々と車を進めると突如現れるお城(の廃墟らしい)。
ライトアップされて美しい。
(携帯で撮ったので画像はいまいちですが。)

中世のお城にふさわしく、まわりは石造りの中世の町並みそのまま。

というのがどういうことかというと。
[PR]
by bramble | 2006-05-22 06:56 | 旅する
忙中閑あり
...というのはウソですが、なんだかちょっと吐き出さずにはいられないもので。

来週は出張先で大事な会議があるけれど、航空便で送った機材がまだ届いていない!
どうやらたまたまイタリアの「税関でランダムにピックアップする貨物」にめでたく引っかかってしまったらしい。
たぶん、普通は書類のみで申告のところ、開梱して通関手続きでもするのだろう。
別に開梱しようと調べようと困るようなものは入っていないのだけれど、月曜日にはセットアップして火曜日朝から会議というときに搬入が遅れるというのは実に有り難くない。
やりとりしているイタリア人は「「マーフィーの法則だ」だって。
会議には間に合ってくれよ~と心の中で祈るのみ。


出張も長くなるとどうしてもお金を前借しなくてはならない。
20万も30万も立て替えるのは辛いし、カードもあまり使いたくないし。
うちの会社、どういうわけだか前借りは現金は米ドルだけ。
トラベラーズチェックだと円か米ドル。
おかげで円のトラベラーズチェックをもらい、先程これを現金化して、
あらためてユーロを買うという作業をすることに。
利用したことがある方はご存知でしょうけれど、トラベラーズチェックって
使う前に1枚、1枚に署名しなくちゃならなくて、使うときにも銀行や両替店で
相手の目の前で1枚ごとに署名しなくちゃならないものなのだ。

一度に30枚 x 2ヶ所 = 60回もサインして、手が引きつりそうになった。
のんびりしたスケジュールならば、2,3日ごとにチェックを現金化するのもいいだろうけれど
こちらは両替の時間が惜しいようなスケジュールなので、やっぱり現金が一番、なのだった。
(強盗がうようよしているような国に出張するときにはそういう訳にもいかないけど。
もちろん、現金にはリスクが伴うので、保管や持ち歩きには気を使う。)

ああ、30時間くらいまとめて寝たい。寝不足。
でもこれから頑張ってあれこれ片付けておかねば。
[PR]
by bramble | 2006-05-19 16:19 | 日常のひとこま
クマのプーさん
先日の『クマのプーさん』のイーヨーの誕生日に関するエントリーにいただいたtnk_atkさんのコメントに「ドイツの語学学校にいたときにプーさん好きな人がいて、各国語でプーにでてくる登場人物の名前を調査してましたよ。なんか、微妙に違うみたいですね?」とあったので、すっかり興味をかきたてられてしまった私。
多言語サイトUnilangの翻訳コーナーでスレッドを立ててみたら、早速いろんな国の言葉でのプーさんやその仲間の名前が集まった。わあい♪

ということで、その結果はこちら。
[PR]
by bramble | 2006-05-18 02:02 | 話す・書く
本、いろいろ。
読んだもの:
アゴタ・クリストフ『悪童日記』
 友人おすすめの本。面白かった。徹底した感情の排除。
 続きが読みたいのに『二人の証拠』がどこに行っても品切れ。
ウルズラ・ヴェルフェル『灰色の畑と緑の畑』
 小学校の図書室で見かけていながら手に取ることのなかった本。
 (ナルニア国ものがたりもそうだけど、こういう本って多い。
 これからのお楽しみがまだまだあるということか。)
吉本ばなな『ひな菊の人生』
 この人といい、村上春樹といい、喪失感を描くのが好きだなと思う。
 現代のキーワードかなとも思う。
 そういえば、このふたりの作品はどちらも海外でも人気がある。
増村征夫『ハイキングで出会う花』ポケット図鑑
 大学のときから愛用している植物のポケット図鑑をどこかに
 しまいこんでしまっているので、買ってみた。
 ひと目で見分ける320種となっているのだけれど、半分くらいは
 高山植物なのでやっぱり人里の植物中心のものがほしい。
 家捜しせねば。

読んでいるもの、買ったけど未読のもの。
[PR]
by bramble | 2006-05-18 01:51 | 読む
あと3日
出張まであと3日だというのになんにも片付いていない...
どうしよう?
どうにかなるかな。

このところ蒸し暑かったり肌寒かったりするので風邪をひいてしまった。
今こじらせると大変なので、午前半休。
なんとか日曜日までもたせなくちゃ。

先週日曜日からやっとブロードバンドになった。
下り最大17Mbps、ちょっと遅いときには11Mbps。
こんなものなんでしょうか。
ダイヤルアップで細々とつないでいたときに比べれば
画像はすぐ表示されるし、ビデオや音楽のストリーミングも問題なくなったのはうれしい。

双六?
[PR]
by bramble | 2006-05-18 01:13 | 日常のひとこま