<   2006年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧
はて?
ウサギのCMでおなじみの某英会話学校****のCM。
そこで学んだ生徒らしい人がでてきて「なぜ****を選んだのか」と英語で話しいるのだけれど、どうして上手な人を選ばないんだろうと不思議に思う。
数分まえにもこのCMを見かけたんだけれど、正直言って最初は何語かわからなかったもん。アジアのどこかの国の言葉かと思った。

あまりに上手だと親しみがもてないから(もしくは現実味が薄れるから?)、そこそこ(にしても酷い)のレベルの生徒を敢えて出演させてるのか?それとも、****に通っても所詮この程度しか英語を話せないということ?どちらにしても学ぼうとする人を小馬鹿にしているとしか思えない。

出演している生徒(らしき人)は自信たっぷりにぺらぺら喋っているから、英語がよくわからない人にはとても流暢に聞こえるのかもしれない。実際には、外国人の話す訛りの強い英語に慣れてないネイティブが聞いたら「・・・何語?」って思うようなシロモノであっても。

日本人にとって英語は外国語なのだからネイティブのような英語を話す必要はないけれど、ある程度のintelligibility(相手が努力せずに理解できるということ)は必要だと思う。だって、言語は意思疎通の道具なんだから。
[PR]
by bramble | 2006-02-27 00:43 | 日常のひとこま
まだまだ疲れてます。
時間は足りないし、期限付きでしなくちゃならないことは山ほど。
もうもう、「助けて!」と言いたいけれど、言ってどうなるものでもなし。
とりあえずは大掃除の続き。
[PR]
by bramble | 2006-02-25 15:31 | 日常のひとこま
Penpal
ハンガリー語では levelezö társというらしい。
Levelは手紙、levelezöでやりとり、társは相手、なるほどね。

ちょっとは刺激になるかしらと、同じ年頃のハンガリー女性と文通を始めた。といってもメールなので要するにメル友というところ?

たまたま「日本語を勉強しているので、ハンガリー語を多少わかる同じ年くらいのペンパルを探しています」というのを掲示板でみかけて連絡を取ってみたのだけれど、相手は英語はほとんどわからないということが判明。日本語とハンガリー語で大丈夫よ♪という相手の言葉に励まされてやりとりしているのだけれど、今のところ99%ハンガリー語。こ、これはかなり厳しい...( ̄▽ ̄!)

余暇には何をしますか?という問いに、私は本を読んだり料理をしたり、旅行をするのが好きです、と書いたらば、こんな返事をもらった。

Konnichiwa ****** san!

Semmi baj, nekem is most sok dolgom van, munkahelyi átszervezés zajlik nálunk. Egyik szobából a másikba költözünk, de maradok oktatásszervező. Nálunk a karon hangszeres zenét, festészetet, szobrászatot, éneket lehet tanulni.

Én is szeretek olvasni, főzni nem annyira mert azt minden nap kell.
Ezen kívül a filmeket szeretem, különösen a japán filmeket mint például Kitano, Miike filmjeit. Nagyon jók. És külön szeretem nagyon Nakamura Toru-t, bár ő inkább TV sorozatokban játszik. :-))
Zenét sokat hallgatok, persze japán zenét, Buck Tick a kedvencem.

Keresek majd neked képeket Pécsről, nagyon hangulatos város, érdemes idelátogatni.

Üdvözöl: *****

どうだ、誰もわかるまい!私もわかんないけど。
…というのは冗談ですが、辞書を引き引き、苦戦してます。
北野武の映画はハンガリーでも人気があるみたい。
日本の音楽って...私ポップスもロックも不得手なので、Buck Tickなんてバンドがあることを彼女の手紙で初めて知った。
料理はそれほど好きじゃないのね、毎日しなくちゃならないから、か。なるほど。

ということで、私の挑戦は続くのでした。
(がんばるぞー!)
[PR]
by bramble | 2006-02-23 12:36 | magyar
土曜日に気が付いたこと。
梅の花が咲き始めました。

d0065545_1435432.jpg
[PR]
by bramble | 2006-02-20 22:39 | 日常のひとこま
疲弊
日曜の夜に出張から帰って、月曜から出社。
米国では車に乗ってばっかりで運動量が限りなく0に近い…と思っていたけれど、やっぱり疲れてるんですね、これが。
おまけに時差ぼけなのかどうか、朝5時前に目が覚めちゃってそこから眠れないのであった。あああ、眠い。
しなくちゃいけないフォローもまだ手付かずだし、木曜日の夜から大阪出張なんかが入っちゃってる。
大丈夫なのか、私?o(_ _o) ←とりあえず眠いらしい。
[PR]
by bramble | 2006-02-14 22:42 | 日常のひとこま
ハイネって...
う~ん、これはどのカテゴリに入れたらいいのだろう。
かなり迷ってしまった。とりあえず「思う・考える」にしちゃえ。

私はSchumannのDichterliebe(詩人の恋)という歌曲集がすきなのだけれど、
これはHeinrich Heineの詩集をもとにSchumannが歌曲に仕立てたもの。

最初の2曲が特に気に入っているのだけれど、私の涙から花が咲き、私のため息は
夜鳴き鶯の歌になる、とか、美しい5月に花のつぼみはひらき、私の心にも愛が花咲くとか、
それはもう甘々な言葉に美しい旋律。

最近知り合ったドイツ人の友人にそれを話したらば(日本語がものすごく堪能)

「ハイネは、ゲーテとだいぶ違って、安っぽいところが結構ありますから、
歌詞によく合うかも知れませんね。」

というコメントをもらった。
ええええ~?

や、安っぽい?

念のため、それってもしかして、平易ってこと?それとも文字通り安っぽい?
と問い直してみたところ、きっぱりと

「ハイネは、悪い意味で安っぽいです。文体も言葉遣いも、現そうとした感情にも、
そんなところが多いです。確かに晩年の詩は、ましです。」

というコメントを再度頂戴してしまった。
が~ん。。。( ̄□ ̄!) 

まあ確かに格調高い、なんていうのとは程遠いかもしれないけど。
俗っぽいというところなのかな。
(言われてみれば、歌でなければ結構恥ずかしいような内容かもしれない。
大昔の少女マンガというところか。ううむ。)

Schumannの旋律はやっぱり美しいと思うけれど、
この先ハイネと聞くと目の前に「安っぽい」の文字が躍ってしまいそう。
なんだかちょっと悲しい気がする。

日本人には四季の歌っていうんでしょうか、秋の「愛を語るハイネのような」でおなじみの
ハインリヒ・ハイネもドイツ人にあってはこんなものなのでした。。。( ̄▽ ̄!)
[PR]
by bramble | 2006-02-06 19:29 | 思う・考える
米国出張1.5日目
なにゆえ2日目ではなく1.5日目なのかといえば、
当地の時間がまだ月曜の早朝4時だから。(泣)

出張に出ると、メールをチェックしてはフォローしつつ
現地での仕事もしたりと、気がつけばいつもの倍仕事しているのであった。
そのせいか、時差ぼけか、はたまた緊張感のせいなのか、
(たぶん全部が合わさった複合的なものだと思うけど)
いっつも3時とか4時とか、とんでもない時間に目が覚めてしまう。
そこですぐ眠りにもどらずに、ちょっとメールチェックしてひと仕事、
なんてするのがますますいけない...とは思ってもやはり。

ついでにちょっとストレッチでもしてからまた寝よう。
1日車に乗りっぱなしだろうから、疲れるのだ。運動不足で。
ばきばきばきっ (←ストレッチで関節が鳴る鳴る♪)
[PR]
by bramble | 2006-02-06 19:04 | 旅する
米国出張1日目
19:10成田発のアメリカン航空でDallasへ。
追い風が強かったとかで30分も早く着いたのはありがたい。

Dallas空港は相変わらず大きい。(変わっちゃ困るけど。)
毎回出張や旅行に出るたびに「あ、××を忘れた…」と思うのだけれど
今回はケータイのSDカードを抜いたまま忘れてきてしまった。
無くても100枚くらい写真を撮れるけど、でもやっぱり不便だ。
パソコンにデータ移すのにメールに添付して送るほかないんだもの。
海外で日本の携帯のローミングサービスを使ったことのある方なら大きくうなづいていただけるであろう。
要するに「料金が高いんだもん♪」なのです。しくしく。

Dallas空港で買おうかと思ったけれども、パソコンアクセサリーを売る店の場所を
地図でみたらば現在位置から歩いて片道20分かかることが判明。
SkyLinkなる電車もあるけれど、待ったり乗り場から歩いたり、
結局時間がかかりすぎるし、フライトに遅刻したらしゃれにならないのであきらめる。
あ~あ。
(今回は車で回るので、帰りまで空港に寄ることはないのでありました。
かといって、車で移動する途中にその手の店があるとは思えない。
田舎まわりの辛いとこです。)

Jacksonの空港に着いたのが18:00すぎ。
暗くなり始めた空に、地上の灯りがそれは美しかった。

日曜日の19時に日本を発って、日曜日の18時にアメリカに着く。
半日以上経ってるのに、バック・トゥー・ザ・フューチャー、だ。
日付変更線のなせる業。

毎回アメリカの悪口ばかりなので
[PR]
by bramble | 2006-02-06 13:20 | 旅する
休日出勤
してみたらば、海外の入札案件を抱えた同僚数名が仕事をしていた。
私はディストリビューションだけだからいいけど、経済協力案件は大変そうだなあといつも思う。
出張先も先進国ばかりじゃないし。

今夜も昨夜同様、とんでもなく寒い。
寒くてじっとしていられない、という寒さ。
寒い分、空気がカーンと音がしそうに硬く澄んでいて、
三日月と星が美しい。
[PR]
by bramble | 2006-02-05 00:09 | 日常のひとこま
再びダウン。
今朝起きたらば、喉の痛みと具合の悪さはまさにピークに達しようとしていて、出社をあきらめる。
頑張って午後は出社したのだけれど(なにしろ来週は出張だ、ってなんだか冗談に思えて仕方がない)、やっぱり辛いです。

初めて「コルゲンコーワIB透明カプセル」という薬を試してみた。
薬局で「飲んで10分で効き目がでます!」というラベルが付いていたので。

結果はというと、なかなか効きます。
私はどうやらコルゲンコーワの風邪薬シリーズとは相性がいいみたい。
鼻炎ソフトも私にはとてもよく効く。
(慣れちゃっていざというときに効かないと困るので、滅多なことでは飲まないようにしてるけど。)

とはいえ、半日で完治するはずもなく、まだ喉はざらざらしてるし、からだもみしみしと痛むので、寝ます。オヤスミナサイ。
[PR]
by bramble | 2006-02-02 22:41 | 日常のひとこま