カテゴリ:作る( 12 )
先へ先へ
昨日の晩御飯は
・ほっけの開き
・ひじきの煮物(出来合いの品。へへへ。)
・豆腐と春菊の味噌汁
・ごはん
(あとはたらことか佃煮とか梅干とか。)

相変わらずシンプルです。(手抜きともいう。)

今日は友人と夕食の約束をしているので、父には牛丼もどきを用意してあります。
ごはんは夕方炊き上がるようにセットし、牛肉とたまねぎ、にんじん、しらたきをすき焼き風に煮込んでおいたので、これを温めて炊きたてごはんにかけて食べてもらうことになってます。
冷蔵庫に春菊のおひたしを作っていれてあります。
…というのをメモして残しておいたんですが、忘れずにおひたしも食べてくれるかな?(笑)

明後日の夕食はひき肉のカレー。
みじん切りにしたたまねぎ、セロリ、にんじんと豚挽き肉を炒めたものを冷蔵庫に入れてあるので、あとはカレールーで味付けして、サラダでも作って。

2~3日先のメニューを考えながら買い物をしたりするので自分でも訳がわからなくなることが。(汗)
[PR]
by bramble | 2007-12-12 11:01 | 作る
ごはんあれこれ。
土曜日、おいしそうなカマスの干物を前の夜に買ったので、さっそく朝ごはんに食べようと思ったら。
前にシステムキッチンのグリルの調子が悪くて点火しなかったので、2度も管理会社の人が来て、2度目に直った、はずだったのに・・・
また点火しなくなってました。
ピンチ!これでは魚が食べられない!

・・・幸いにして、以前餅焼き用の網で受け皿のついたものを買っておいたのが役に立ちました。
網で魚を焼くことになろうとは。
(カマスは新鮮でおいしゅうございました。)
カマスの干物のほかには、じゃがいもと大根の味噌汁、ごはん、きんぴらごぼう(前日の残り。)

日曜日の朝ごはん。
白菜の味噌汁、ごはん、がんもどきとキノコの煮付け、いわしの佃煮。

今日の朝ごはん。
豚汁(レトルトというかインスタント、ははは。)、ごはん、がんもどきの煮付けの残り、白菜のおひたし、梅干、佃煮。

晩ごはんはエノキとキャベツの味噌汁、筑前煮、茶碗蒸し(市販品)、ごはん、佃煮。

非常にシンプルだなあ。。。

帰りがけにスーパーに寄って、翌日の朝食・夕食の材料を買って、なんだかいつも献立のことばっかり考えているような気がする。
ちなみに明日の夕食にはほっけの開きが登場の予定。
マグロのおいしそうなのもみかけたけれど、今日の分はもう作ってあったのでパス。
そのうちうなぎの蒲焼を買って柳川風にしてみようとか、計画もあるにはある。
あさっては友人と夕食の約束をしているので、父にはすき焼き風の煮物を作って、温めてご飯にかけて食べるばかりという風にしておくつもり。プラスお味噌汁かな。

いろんなレシピサイトを覗いたり、特に「スピードメニュー」なんていうのに目がいっちゃったりして。(笑)

~~~
週末から、父に毎日食べたものを記録してもらうことにしました。
ノートの1ページに朝、昼、晩と。
記録しておいて、なるべく違うものを作ろうというのもありますが、実は本当の目的は父のボケ予防。
今日だって、晩ごはんのすぐ後に「さあ、書いてね」と書き始めてもらうと、「何食べたっけ?」
おいおい・・・
さっきまでおいしいって言ってたの、あれは何を食べておいしかったのだー?!
茶碗蒸しとか、名詞がでてこないことも結構あるし。う~ん。
いろいろ心配の種があるので、ちょっとでも何かの足しになればと思うのでした。
[PR]
by bramble | 2007-12-10 23:53 | 作る
本日の夕食
さばのみそ煮
だいこんとワカメの和風サラダ
玉ねぎ、ベーコン、コーンのスープ
ごはん

・・・なんだか訳のわからない取り合わせだけれど、父には好評だった。
どんなに会社を早く出ても、病院にちょっと顔を出してから帰宅すると家に着くのは7:30pmすぎ。
父はおなかがすくだろうなあと申し訳なく思いつつもこれがbestのパターンなので仕方ない。
(両親ふたりで暮らしていた頃はいつも5時半とか6時頃に夕食、だったらしい。)

帰って、急いでごはんや煮物を温めて味噌汁などのおつゆを作って、夕食。
食べ終わって片付けて一休みしてから翌日の夕食や場合によっては朝食も一部おかずを作ったり下ごしらえをしたり。
だいぶ要領よくできるようになってはきたけれど、まだまだ。

手間をかけず、時間をかけず、でもおいしく健康に食事ができる・・・というのが目標。
[PR]
by bramble | 2007-12-06 22:31 | 作る
クリームシチュー
久しぶりにマカロニではないけれど、似たようなショートパスタを使ってクリームシチューを作った。
鶏肉と玉ねぎとにんじん、ジャガイモ、キノコを炒めて煮込んで、ここで手を抜いて(笑)市販のシチューの素を入れて、さらに煮込んで最後に茹でたパスタを入れて温めて出来上がり。
いやあ、簡単、簡単。

簡単だけれど、からだが暖まって、おいしかった。
クリームシチューってなんというか、やさしくてなつかしい味。
[PR]
by bramble | 2007-12-02 22:35 | 作る
週末クッキング。
今週末もいろいろ作りました。

■土曜日 夕食
・ひよこ豆の入ったキーマカレー風
(たまねぎとにんじんのみじん切り、合挽き肉、トマトのザク切りにしたのをよく炒め、本当は水は入れないんだけどここは父の好みに合わせて水も少し入れ、市販のカレールーを入れて煮込むだけ。ごはんにたっぷりかけて。私はとろけるチーズをちょっと乗せました。父はチーズ却下。)
・タコのサラダ
(薄く切ったたまねぎと細めの千切りにした大根を塩もみし、タコのぶつ切り、トマトのざく切りと合わせ、市販の和風ドレッシングにおろしにんにくを加えてよく混ぜ、しばらくなじませる。)
・さつま揚げいろいろ
(市販。父が練り製品大好きなので。野菜の入ったの、豆とひじきの入ったの、コーンの入ったの、チーズの入ったの、レンコンの入ったの、いろいろちょっとずつ入ったのを買いました。)

■日曜日 朝食+昼食兼用
・ごはん
・白菜とたまねぎの味噌汁
・ほっけ(甘塩のひらき1/2尾をふたりで)
・だいこんおろし(焼き魚には欠かせません)
・昨日の残りのタコのサラダ(1晩おくとさらにおいしいことを発見。)

■日曜日 夕食
・ポテトコロッケ
(ゆでて潰したジャガイモに、にんじん・ピーマン・たまねぎのみじんにひき肉を塩コショウしていためたものを混ぜて形を作る。我が家のは小さい俵型。小麦粉、とき卵、パン粉の順につけて揚げる。)
・ナスとシイタケのはさみ揚げ
(ナスは横半分に切ったもを更に縦に4つに切り、厚さ7mmくらいのナス8切れを作る。
これにひき肉に塩コショウしたものをはさむ。シイタケは軸を取り、くぼんでいる側に同じように味付けしたひき肉を薄く詰める。どちらも小麦粉、とき卵、パン粉の順につけて揚げる。)
・アスパラガスと砂肝のパスタ
(グリーンアスパラガスはやわらかめに茹でる。砂肝は固いところを除いて薄切り。フライパンに油を入れ、にんにくを炒めて香りをつけ、砂肝を入れて炒め、色が変わったらアスパラも加え、塩コショウで味付け。ゆでてオリーブオイルをかけたパスタを加えて全体によくなじむまで炒める。)
・コーンスープ
(クリーム状のスイートコーンの缶詰に水と片栗粉と固形スープの素を加えて煮込むだけ。本当はスターチを入れたくなかったのだけれど、気がついたら牛乳がなかったのでかわりにとろみをつけることに。残念。)

d0065545_13252216.jpg

コロッケ、衣をつける前。にんじんとピーマンを入れると味だけでなく見た目がきれい、だと思う。

d0065545_132648.jpg

揚げ物はふたり分。

■日曜日 月曜日以降の食事として
・カブの葉の炒め物
(刻んだカブの葉を油で炒め、削り節、胡麻を加え、しょうゆで味付け。最後にちょっとごま油を足すとおいしい。)
・いんげんの胡麻和え
(ゆでたインゲンをすり胡麻、さとう、しょうゆ、塩を混ぜたもので和えるだけ。)
・昆豚
(友人からもらったレシピから。煮物用昆布を水でもどし、昆布に豚のばら肉を乗せてくるくるっと巻き、楊枝で留める。昆布をもどした水にしょうゆと日本酒を加えたものでやわらかくなるまで煮る。)
・小松菜と油揚げの煮物
(ざく切りにした小松菜と、短冊に切った油揚げをしょうゆ・砂糖・みりん・酒と水少々で煮る。面倒なので私は「昆布つゆ」を利用。便利。)
・砂肝のにんにく炒め
(残った砂肝を薄切りにして、にんにく、塩コショウで炒めただけ。)
・しらたきと鶏ひき肉の煮物
(食べやすく切ったしらたきを鍋でから炒りし、鶏ひき肉を加えてぽろぽろになるまで炒め、しょうが、昆布つゆで味付け。ごはんのお供に最高。)

ついつい、たくさん作っちゃうんですねえ、これが。
全部冷蔵庫に入れておきましたが、父曰く「こんなに食べられないよ」
「いや、別に全部一度に食べなくていいんだから。(笑)」

自分ひとりのためだったら、絶対こんなに作れません。はい。
それにしても、揚げ物なんて十年以上作ったことがないです。
炒め物ですら、回りが油で汚れるのでなかなか作らない私...
揚げ物は準備も大変だし(小麦粉+卵+パン粉のお皿とか、衣をつける前とつけたあとのお皿とか、揚げたのを載せておくお皿とか、どうしてこんなにお皿を使わなくちゃならないのか)、あとの始末も大変だけど(固めるテンプルというのを今回初めて使用)、揚げること自体は楽しかったです。
[PR]
by bramble | 2007-10-29 15:11 | 作る
magyar perec III
また挑戦しました!
・・・というのはウソ。

まだ昨日焼いたのが残ってるし、こればっかり食べていると
早々に食傷しそうだからちょっと休みます。
(焼きたては最高においしいんだけれどね。)

Benceによると、粉は絶対finomliszt!
でも、見た目やtextureは強力粉で作った方に近いらしい。
(捏ねるのが大変なくらい生地は堅い、らしい。
そこも強力粉バージョンと同じなんだけどなあ。)

薄力粉バージョンがこうも柔らかかったのはなぜか。
牛乳が多すぎたんじゃない?と言われたけど、
パンやケーキは繊細なので分量を量るときにはかなり慎重だし
多すぎと言うのはちょっと考えにくい。
となると、使っているマーガリンのせいか(製菓用じゃないから
融点が低い。でも、早く溶けて液状になるとかえってふくらまず
堅くなるはずなんだけど…理論上は)、それとも小麦粉の質が
ハンガリーと日本では大幅に違うのか。

とりあえず、次回も薄力粉で試してみよう。
分量より牛乳を少なめにして。
(全部一度に入れないで、様子を見ながら加えればいいのよね。)
[PR]
by bramble | 2006-04-13 22:18 | 作る
Magyar perec II
今度はfinomliszt、薄力粉で挑戦。

d0065545_23565298.jpg

左は昨日の強力粉(rétesliszt)バージョン、
右は本日の薄力粉(finomliszt)バージョン。

強力粉のはぽくっと折れる感じ。
薄力粉のは柔らかくて、普通のパンみたいにちぎれる感じ。

う~ん、本来のmagyar perecはどちらに近いんでしょ?

Finomlisztでmagyar perec。
[PR]
by bramble | 2006-04-13 00:18 | 作る
Magyar Perec (ハンガリー風プレッツェル)
ハンガリーと日本のコミュニティ、Celiforniaで主催者のBenceがmagyar perec(ハンガリー風プレッツェル)のレシピを披露していた。

「子どものころ、お母さんが作ってくれたmagyar perecが好物だったので、今度はそれを奥さんに作ってあげたいと思った。」
なんて微笑ましくもうらやましいエピソード。

材料もそれほど特別なものはなく、作り方も比較的簡単そうだったのでさっそく試してみた。

写真付きレポート。
[PR]
by bramble | 2006-04-12 02:05 | 作る
折り紙で薔薇を折る。
以前、ブログからブログへとうろうろネットの海を渡り歩いていたら、どこのブログだったか忘れてしまったけれども折り紙の薔薇というのが紹介されていた。
面白そうだなと思ってブックマーク。
折り紙は海外に行くたびに必ず持ってゆく。
暇つぶしにもなるし、私の作る「尻尾をひっぱると羽ばたく鶴」はお子様方にもすこぶる評判が良い。ただ、海外用にはたいてい小さめの千代紙を持っていくので、薔薇を作るのに適当な折り紙が手元になかった。

で、週末に隣の駅の前のスーパーに買出しに行ったついでにその2階に入っているダイソーに寄った。そして折り紙を購入。(笑)

さて、折りばらウェブサイトの3部に渡る詳細な折方の説明をみつつ、折り紙の薔薇に挑戦。

その結果は・・・
[PR]
by bramble | 2006-01-17 21:44 | 作る
muffler
やっと編みあがった!
おかげで肩こりがますますすごくなりましたが、満足。
この縄編みというのを一度やってみたかったのだ。
d0065545_0352083.jpg

明日も冷え込みそうなので、さっそくして行こうっと♪
写真だと灰色に見えるけれど、実際は緑がかったくすんだ水色。

ふと思い出したのだけれど、英語ではこれはmufflerというよりはscarfと呼ぶらしい。
日本語ではマフラーは毛糸やウールの布地の幅の狭いもので、スカーフというともっと薄手の布で比較的幅の広いものというイメージがあるけれど、たとえばイギリスでmufflerというと、山高帽にこうもり傘を持った紳士がしているもの、というような古臭い感じがある(…と、英語学校の先生に言われた)。

LDOCEでの定義。
muffler: a long piece of thick cloth that you wear to keep your neck warm [= scarf]
scarf: a piece of cloth that you wear around your neck, head, or shoulders, especially to keep warm

う~ん、これを見ると、日本語での定義と似ているなあ。
(マフラーの方が厚手。)

大辞林
マフラー:毛糸・布などの、細長い襟巻き。[季]冬。
スカーフ:婦人が首に巻いたり、頭をおおったり、肩に掛けたりするのに用いる薄い方形の布。

Cambridge Dictionaries Online
muffler: a thick scarf (= long piece of cloth worn around the neck)
scarf: a strip, square or triangle of cloth, worn around the neck, head or shoulders to keep you warm or to make you look attractive:

Merriam-Websterによる定義。
muffler: a scarf worn around the neck b
scarf: a broad band of cloth worn about the shoulders, around the neck, or over the head
[PR]
by bramble | 2005-12-19 00:36 | 作る