ただいま。
やっと帰国。帰ってきてうれいしのかうれしくないのか
正直なところ自分でもよくわからないけど。

それにしても日本は湿度が高い!
気温も20度を超えていたので成田空港でリムジンバスを待っているだけで汗だくになってしまった。(と、友人にこぼしたらば今日は前日より気温が低かったのよ~とのこと。ポイントは湿度ね。)

日本に戻ってきてうれしいこと、うれしくないこと。
湿度が高い。買ってきたペーパーバックがすぐに湿気でよれよれになる。
(しばらくすると落ち着いてまっすぐに戻るけど。)
よって蒸し暑い。(つらい。)
湿度が高い。ということは、肌の乾燥を気にしなくていい。
あちこちでエアコンを使っているのですぐにのどをやられる。
スーパーで生鮮食品なんか物色していると凍えそうになる。

ヨーロッパにいてうれしいこと、うれしくないこと。
乾燥している。おかげで汗をかかなくて済む。
乾燥している。おかげで保湿に気をつけないと肌がかぴかぴになる。
一気にシワになりそうで怖い。
安い宿だとエアコンがなくて、気温が一気に上がると暑くて寝られなかったりする。
そこそこの宿だと気温が高いからとうっかりエアコンをつけっぱなしにして寝て、やっぱり喉をやられたりする。乾燥した空気で喉の調子がいまいちになることも。
(...結局、私は喉が弱いのでどこにいてもやられちゃうわけですが。)
ガス入りのミネラルウォーターが安い。
春~夏は夜遅くまで明るい。夜9時過ぎても空が明るいと気持ちも軽くなる。
(ということは秋~冬はすぐに日が暮れちゃって4時には暗くなるということでもあるけど。朝はなかなか明るくならないし。)

仕事は...どこでしてもあんまり変わらないかな。
でも、交渉ごとは英語で話してたほうがやりやすい。
日本語は妙に遠回りな、あるいはあいまいな言い回しが多いので
「だからどっちの意味ですか?」って確認しないと危険。

もっとも、そういうやりとりばかりしていると、日本語のsubtletyを失ってしまいがちかもしれない。物事をはっきり言い過ぎる嫌いがあるかも。
(それとも私のキャラクターなのか?)

年をおうごとに時差ぼけが激しい。
今もこの時間になってお目目パッチリなのできっと明日は使い物にならないだろう。
でもpending事項がたくさんあるし、出張精算もしないと。
[PR]
by bramble | 2006-06-08 01:00 | 旅する
<< 読書 上がり! >>