出張2日目 (Sirmione, Italy)
会場のセットアップは思ったより早くできたので、街中をちょっと散歩し、おいしいパスタでお昼にした。

d0065545_6412453.jpg

Sirmioneはお城で有名。お城といっても要塞なのでそっけないんですが。

d0065545_6442195.jpg

町並み。ほんとに小さな町です。ぶらぶら歩くにはちょうどいいサイズ。

d0065545_645489.jpg

Garda湖はイタリア最大の湖。そばに行くと湖なのになぜか磯臭いのが不思議。

d0065545_6455886.jpg

到着してからず~~~っと私の煩悩のモトだったのはこれ。

d0065545_6462760.jpg
これでもかっ!といわんばかりにてんこ盛りにされているジェラートの数々。
これにそそられちゃうんですよね、食欲を。

d0065545_6471872.jpg

まるでどんぶり1杯分といった量のジェラート。下はチョコレート風味のビスコッティ、上は漬け込んださくらんぼ。どちらも甘すぎず、ジェラートそのものもさっぱりと口のなかに残らず、最高の味でした。多いと思いつつしっかり完食。
おいしかった。
また食べたい。



そして、夜。
次々と到着する代理店からのお客を集めてホテルで食事。
はっきり言って、このホテルの食事はいまいち。(イタリアとしては、ですが。)
...イタリアにいると口が驕っちゃって贅沢になります。反省。

d0065545_655419.jpg

エビはおいしかった。エビの香りたっぷり、ルッコラの苦味と香りがぴったり。

d0065545_6561788.jpg
たぶんウニが入っているパスタ。なぜ「たぶん」なのかといえば、周りの人が食べているパスタには入っていたのに、私のパスタにはひとかけらも入ってなかったから!(T_T)

d0065545_6571370.jpg
アンコウなんだそうです。あっさりしているのはよかったけれど、ちょっと物足りない味?

食事の後、数人でテラスの席に移ってGrappaを飲む。
Grappaは葡萄から作る蒸留酒で、独特の香りがあって、もちろん強いです。
きっと40~45度くらいあるに違いない。
アイルランド人はグラッパをば「毒」と呼んで手をつけませんでした。

毒というのも当たらずも遠からず、なのかもしれない。
飲んだらこういうことになります。

d0065545_71295.jpg

「なに?俺の耳に何か入ってるって?」

d0065545_714919.jpg

俺は怖いんだぞ~!
...と、オランダ人。

d0065545_72204.jpg

オランダ人をけしかけておいて、笑い転げるスイス人。
イタリア人オヤジも楽しんでおります。
そして、同じように笑い転げながらもデジカメのシャッターを切る日本人。
私のことです。はい。

ちなみに、オランダ人はこの写真がいたく気に入って、「送ってくれ」と頼まれました。
Grappaは食後の消化を助けてくれるありがたいお酒、のはずなんですが、度を越すとしっかり頭に残ります。翌日の私のノーミソには靄がかかっておりました。
あ~あ。
(プロフェッショナルにあるまじき行動。反省、反省。)
[PR]
by bramble | 2006-05-29 07:05 | 旅する
<< 出張3日目 (Sirmione... 存在証明 >>