久しぶりの。
気がつけば9月。
2012年がもう残り1/3になってしまったことに今更ながら驚く。

今年に入ってから、今までしたことのなかったことにいろいろ挑戦した。
後悔してないことがないといえば嘘になるけれど、概ねしてみてよかったと思う。

どうしたら自分自身を幸せにできるのか。
それを考えるのが私の課題。
なんでも深読みしすぎて否定的、悲観的に考えるのは馬鹿馬鹿しい。
そう気がつくのにずいぶん長いことかかっちゃったな、というのが今時点の感想。
人生確実に半分以上過ぎちゃってるのにねえ。

d0065545_1572172.jpg





現在楽しんでいること。もしくは挑戦していること。

時間をみつけて友人と美術館に行ったり、おしゃべりしたりすること。
お気に入りの場所、根津美術館、三菱一号館、
サントリー美術館を含めたミッドタウン、COREDO室町。
去年の初夏に尾形光琳のカキツバタの屏風を見てから屏風の美しさに目覚めてしまった。
正確には「琳派の」屏風、かもしれないけど。

語学。
去年11月から再開したフランス語と今年2月に始めたチェコ語。
フランス語はプライベートレッスンだけでは飽き足らず
日本語とのLanguage Exchangeも始めた。
チェコ語は難しすぎて「3歩進んで5歩下がる」とでも歌いたくなるようなお粗末さ。
でもなんとかカタコトぐらいしゃべれるようになりたいなあ。

英文でメール文通。
毎日のよしなしごとをお互いに話し合う。
それだけ。
相手は最近夏バテ中でメールが減っちゃってちょっとさびしい。

いろいろなことを整理整頓すること。
物理的なところでは部屋の整理。
本と服が多すぎ。
服の整理は思った以上に難しい。
着られるもの、もったいないものは思い切って捨てたいけれど
これがなかなか。
なんとか今着るもの、着たいものだけにするのが最終目標。

本も取捨選択したいけれど基準を決めるのが難しい。

何かを手放すのが本当に苦手だけれど
欲張りすぎてなにもかも中途半端なのは困る。
本当に欲しいもの、必要だと思うものに絞り込んで
シンプルな生活を送りたい。
手元に残ったものをもっともっと大事にしたい。

残念なのは、今までほど仕事を楽しいと思えなくなってしまったこと。
自分の能力の限界を忘れた完璧主義と
欲張りすぎて自分を手一杯にしてしまう愚かさが一番の原因。
たぶんね。
もうひとつは職場の環境で、直属の上司が不幸の元。
周りのほとんどの人が同じ気持ちでいるのが不幸中の幸いだけれど
会社という組織では論理がものをいうので、この状況を変えるには
正当な論理と発言、そして記録が大事だ。

自然に目をやり、耳を傾けること。
毎朝通勤のため駅に向かう途中、空の色を見、雲を眺め、
鳥の姿や声に注意を払う。
虫の声、姿、ちょっとずつ変わっていく植物。
風の音。

幸せってなんだろうとつくづく思う。
いろいろな条件もあるけれど、つまるところは心の在り方、これに尽きると思う。
私が平安で幸せだと思えばそれは幸せなのだ。

迷ってばかり、これはきっと一生変わらないんだろうなと思う。
[PR]
by bramble | 2012-09-02 15:07 | 日常のひとこま
<< ヘクソカズラ Joyeux Noël! / ... >>